スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金田一耕助1 

作家・横溝正史の創造した私立探偵、金田一耕助
30年前に初の角川映画として「犬神家の一族」が大ヒットし、一躍有名になった人物です。
映画、TVと多く映像化されていて、さまざまな俳優が「金田一耕助」を演じています。

nakao.jpg
「本陣殺人事件」(1975年・ATG)より
小説内では和服での描写が多い金田一耕助ですが、この作品ではヒッピー風の格好をした金田一耕助を中尾彬氏が演じています。この作品を見た、横溝正史は「洋服ならああいう格好でしょうね」といったそうです。ちょっとスマート過ぎる金田一耕助ではありますが、若かりし頃の中尾氏が好演しています。

atsumi.jpg
「八つ墓村」(1977年・松竹)より
「たたりじゃ~」の流行語を生んだこの作品で金田一耕助を演じたのは、「寅さん」でおなじみの故・渥美清氏。非常に地味ながらも、存在感のある原作とは違った金田一耕助を演じています。作品自体はオカルト色の強い作品になってしまっていますが、豪華出演者とみごとな映像は必見です。

nisida.jpg
「悪魔が来たりて笛を吹く」(1979年・東映)より
角川春樹事務所製作。西田敏行氏演じる金田一は庶民的な印象で、映画の舞台が元・華族の屋敷というところから、庶民的な印象をさらに強めています。コミカルな役が多い西田氏ですが、この映画では割にシリアスな演技をしています。

いずれも30年ほど前の作品ではありますが、良い作品ばかりで今見ても面白い作品です。
いずれもシリーズものではないのですが、それぞれの個性をもった「金田一耕助」が楽しめます。個人的に好きなのは「悪魔が来たりて笛を吹く」の退廃した大正モダニズム的な映像美ともの悲しいテーマ曲がマッチしているのがいいです。「八つ墓村」の鍾乳洞やオカルトチックな部分も捨て難いですが(笑)

参考サイト:金田一耕助-Wikipedia
スポンサーサイト

コメント

検察官

検察官とは、犯罪を捜査したうえで、被疑者の起訴・不起訴を判断し、起訴と判断した場合は法廷で起訴事実を立証する仕事を担う国家公務員で http://fascist.stepuptechnologies.com/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watchdrama.blog64.fc2.com/tb.php/77-d1ca6832

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。