スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽ネタです 

前回、Ramonesを紹介しましたが、こちらも高校生の時に聴いて

Σ(´д`ノ)ノ

となった人たちです。

SONIC YOUTH
Ramonesやハードコアな人たちばかりを聴いていた高校2年生のときに、このブログの記事でも紹介したいとこのうちに遊びに行ったときに、借りたCDがSONIC YOUTHの「GOO」でした。

いわゆる 「グランジ」と称されるジャンル。当時のグランジバンドといえば「Nirvana」。彼らがメジャーの雄であればSONIC YOUTHはインディーズの雄。どちらかというとマニアックなバンドですねぇ・・・

ノイジーなのが第一印象。ギターノイズばかりの曲もある。 しかしながら、ノイズの中にも物悲しいメロディラインが非常に印象に残ったバンドでした。
はっきりした曲が多かったパンクロックばかり聴いていた自分には新鮮で心に残るバンドになり、しばらくこのCDを聴いてました。
今でもこの人たちは好きですねぇ。

Sonic Youth:darty boots

ちなみにベースのキムはニルヴァーナのカート・コバーンと仲がよかったそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watchdrama.blog64.fc2.com/tb.php/46-3826d356

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。