スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには洋モノも…ヘ(゚∀゚ヘ) 

ドラマ紹介少々サボっていたので・・・
たまには洋モノを( ^▽^)


「こちらブルームーン探偵社」20060619231258.jpg

日本での放送が1986年4月~とデータによるとあるので、小学校高学年のころ見た記憶とそのあと再放送などでみた記憶があった。
記憶に残っていたもの。

タイトル名。ブルース・ウィリスが出演。きれいな女優さん。おもしろい電話番のねーちゃん。ギャグが多い。

とまあ、こんなカンジだった。なかなか再放送にめぐりあわなかったが、最近AXNで放送しているらしく、見ることができるようになった。

きれいな女優さんは「シビル・シェパード」でした。

20060619233013.jpg

きれいな人ですね*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!
元トップモデルでブルームーン探偵社社長「マディー・ヘイズ」の役というのも納得。

ブルースウィリスは共同経営者の「デービット・アディスン」役

20060619233618.jpg

えーと、髪の毛がフサフサです・・・ ( ゚Д゚) おでこはやはり広いですがね(笑)

で、おもしろい電話番のねーちゃん、「アグネス・トピスト」役アリス・ビーズリー

20060619234336.jpg


舞台はロサンゼルス。会計士に財産を持ち逃げされたマディに残されたのは赤字続きの探偵社だった。そこの社長デービットは究極のお調子者。一応やるときはやる行動派ではある。そんな二人が共同経営者として「ブルームーン探偵社」を経営していくが、シロウト探偵のマディ、どこまで本気かわからない「迷探偵」デービット。そんな二人が依頼される数々の事件を解決していく、コメディタッチのドラマ。

とにかく、デイブ&マディの会話のやり取りがおもしろい。お調子者のデイブにキレるマディ。そのマディにジョークで返すデイブ。そのテンポのよい会話がドラマの核となっている。
20060619235513.jpg20060619235727.jpg


ぶつかりあいながらも、最後には二人で無事事件を解決。

20060620000346.jpg



ギャグやパロディ、アドリブもふんだんに取り入れたアメリカでも大人気のドラマです。
字幕でも会話のやり取りはわかるのですが、デイブに荻島真一さん、マディに浅茅陽子さん、トピストに松金よね子さんの吹き替え版も楽しめますよ。(≧∇≦)b

参考ソース

こちらブルームーン探偵社(AXN)

こちらブルームーン探偵社のページ(Yoshiko’s room)



おまけ
出演していたあの人たち その6
daituiseki011.jpg
天本 英世さん

仮面ライダーの死神博士役でもおなじみの天本さん。「大追跡」にも出演。他にも「傷だらけの天使」などにも出演してます。独特な雰囲気の役者さんですね( ̄ー ̄)




スポンサーサイト

コメント

またまた懐かしいですね。
ブルースウィルスの髪型も若々しいですね。

>たちよりさん

「ダイ・ハード」やら「12モンキーズ」のブルース・ウィリスもいいんですけど、ブルームーンのデイブのイメージが強いので「しゃべらないブルース・ウィリス」はちょっと違うなぁと思ってます(  ̄3 ̄)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watchdrama.blog64.fc2.com/tb.php/12-4ae357ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。